このブログは、税理士森大志(もりたいし)が書いています。  リンク集も、森大志が書いています。 是非ご覧ください。 税理士森大志へのご相談は、森大志税理士事務所までお願いいたします。 お気軽に相談してください。 無料相談あり!! 相談メールはsoudan@morikeieizeimu-c.net

2007年09月24日

税の統一解釈「基本通達」2

税の統一解釈のために国税庁長官が「基本通達」を公表していることは、前回書きましたが、実際の内容について簡単に説明いたします。

例えば、所得税法第26条は不動産所得について次のとおり規定しています。

第26条 不動産所得とは、不動産、不動産の上に存する権利、船舶又は航空機(以下この項において「不動産等」という。)の貸付け(地上権又は永小作権の設定その他他人に不動産等を使用させることを含む。)による所得(事業所得又は譲渡所得に該当するものを除く。)をいう。

2 不動産所得の金額は、その年中の不動産所得に係る総収入金額から必要経費を控除した金額とする。

そして所得税法基本通達には、次のとおり規定しています。

基本通達26−2 (ケース貸し)
いわゆるケース貸しは、不動産の貸付に該当する。

基本通達26−5 (広告等のため土地等を使用させる場合の所得)
広告等のため、土地、家屋の屋上又は側面、へい等を使用させる場合の所得は、不動産所得に該当する。

この例のように、所得税法には不動産所得とは不動産等の貸付けによる所得としか規定されていません。

実際の税の現場において、「ケース貸し」や「広告等のため土地等を使用させる場合の所得」について何所得に該当するか迷うかも知れません。
そのようなことがないように、通達において規定されているのです。

本当によく考えられていると思いませんか。

税はこのように公平に課税が行われるように規定されているのです。

(お願い)
励みになりますので、私が書いていますリンク集「税理士森大志のひとりごと
及び「時代の流れを読む」も併せて読んでいただけると幸いです。
クリックすると、そのページに行きます。
また、同様に「人気ブログランキング」(←ここです。)をクリックしていただけると幸いです。人気ブログランキングのページへ行きますと当ブログにポイントが付きます。
posted by 森 大志 at 10:30| Comment(0) | 税一般
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

国税不服審判所公表裁決事例はこちら