このブログは、税理士森大志(もりたいし)が書いています。  リンク集も、森大志が書いています。 是非ご覧ください。 税理士森大志へのご相談は、森大志税理士事務所までお願いいたします。 お気軽に相談してください。 無料相談あり!! 相談メールはsoudan@morikeieizeimu-c.net

2007年09月17日

収入金額と必要経費

収入金額とは収入すべき金額を言います。
従って、実際に受けとっていなくても、実際に仕事が完了し請求することができる金額です。

相手方に請求しているかどうかは関係ありません。
その事実が発生しているかどうかで判断します。
(発生主義と言います。)

また、いつ請求することができるかは、それぞれの取引の性質、慣習、契約の内容で判断します。

例えば、会社が無利息で貸付をしている場合、貸付期間に応じ利息を計算し、利息相当額は収入金額に計上することになります。

必要経費(法人の場合は損金)は、前に説明した通り収入を得るためにかかった経費です。
(税の考え方「説明責任と必要経費」参照)

実務上、注意することは領収書等で支払の証明をするのはもちろんですが、たとえ領収書等があっても、相手方が税務申告していない場合は、証明責任を果たせないことです。
ただし、支払の事実が確認できれば、相手の申告もれになります。

架空の領収書等ではだめなのです。

また、実際に支払っていても、領収書等がない場合も証明責任が果たせないのです。

ですから、きちんと税務申告しない人に支払いをする場合、銀行振込にするとか、工夫が必要なのです。

(お願い)
励みになりますので、私が書いていますリンク集「税理士森大志のひとりごと
及び「時代の流れを読む」も併せて読んでいただけると幸いです。
クリックすると、そのページに行きます。
また、同様に「人気ブログランキング」(←ここです。)をクリックしていただけると幸いです。人気ブログランキングのページへ行きますと当ブログにポイントが付きます。

posted by 森 大志 at 10:20| Comment(0) | 税一般
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

国税不服審判所公表裁決事例はこちら