このブログは、税理士森大志(もりたいし)が書いています。  リンク集も、森大志が書いています。 是非ご覧ください。 税理士森大志へのご相談は、森大志税理士事務所までお願いいたします。 お気軽に相談してください。 無料相談あり!! 相談メールはsoudan@morikeieizeimu-c.net

2007年09月01日

租税法律主義とは

租税法律主義は税の基本原則です。

我が日本国憲法においても国民に納税義務を課し、その保障として租税法律主義を規定しています。

これは、税は法律で規定しないと課すことが出来ないということで、国の都合で後になって税金を課されることがない、言葉をかえれば5%と決めた税金を、税収が足りないからと10%払いなさいと言えないということです。

よく時代劇で悪代官が、今年は年貢を多く収めろということがありますが、近代国家においてはありえません。

したがって、法律を改正して過去にさかのぼって税金を課すことも許されません。

実際の税の現場では、税務署の調査官におかしなことを言われた場合、例えば「それは法人税法の第何条に書いてありますか」というように質問しています。

このように税の基本原則を理解してないと、税実務において役に立ちません。
とっつきにくいかも知れませんが、以上の理由で税一般から始めます。

(お願い)
励みになりますので、私が書いていますリンク集「税理士森大志のひとりごと
及び「時代の流れを読む」も併せて読んでいただけると幸いです。
クリックすると、そのページに行きます。
また、同様に「人気ブログランキング」(←ここです。)をクリックしていただけると幸いです。人気ブログランキングのページへ行きますと当ブログにポイントが付きます。
posted by 森 大志 at 15:25| Comment(0) | 税一般
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

国税不服審判所公表裁決事例はこちら