このブログは、税理士森大志(もりたいし)が書いています。  リンク集も、森大志が書いています。 是非ご覧ください。 税理士森大志へのご相談は、森大志税理士事務所までお願いいたします。 お気軽に相談してください。 無料相談あり!! 相談メールはsoudan@morikeieizeimu-c.net

2008年02月02日

扶養親族等の判定の時期

皆さんになじみのある扶養控除を説明しながら、「扶養親族等の判定の時期」について考えます。

扶養控除と言えば、皆さんも年末調整や所得税の確定申告において控除を受けているので、ご存じだと思います。
簡単にいえば自分の親や子供を扶養している場合に受けられるものです。

「扶養控除」は所得税法第84条に規定されています。

その内容は

第一項 居住者が扶養親族を有する場合には、その居住者のその年分の総所得金額、退職所得金額又は山林所得金額から、その扶養親族一人につき38万円(その者が特定扶養親族である場合には58万円とし、その者が老人扶養親族である場合には48万円とする。)を控除する。

第二項 二以上の居住者の扶養親族に該当する者がある場合には、その者は、政令で定めるところにより、これらの居住者のうちいずれか一の居住者の扶養親族にのみ該当するものとみなす。

第三項 第一項の規定による控除は、扶養控除という。

の通りです。

ここで、考えるのは扶養親族に該当するかどうかの判定についてです。

つぎの所得税法第85条に「扶養親族等の判定の時期等」という規定があり、
第三項において
 その者が居住者の老人控除対象配偶者若しくはその他の控除対象配偶者若しくは第83条の2第1項(配偶者特別控除)に規定する生計を一にする配偶者又は特定扶養親族、老人扶養親族若しくはその他の扶養親族に該当するかどうかの判定は、その年の12月31日の現況による。ただし、その判定に係る者がその当時既に死亡している場合は、当該死亡の時の現況による。

とされ、該当するかどうかの判定は「12月31日の現況による。(判定に係る者が死亡している場合を除く。)」とされています。

たとえば、Aさんには一人息子B(特定扶養に該当しない。)がいて、3月までは扶養していたが、4月からは自立して働いている場合を考えます。(4月からは扶養家族ではない。)

Aさんの扶養控除は理論的には、3月まで扶養していたので

  年38万円×(3÷12)=95000円となります。(実際は扶養から外れるのでゼロです。)

Bさんの基礎控除(年額38万円)は同様に、3月までは扶養されていたので(12か月−3か月)

  年38万円×(9÷12)=285000円となります。(実際は一年分38万円です。)

しかし、このように理論通りに適用するとしたらどうなるでしょうか。

私は子供を3月まで扶養していた、私は子供を5月まで扶養していたというように、そのつど事実認定(判断すること。)しなければなりません。

このようなことは、理論的には可能ですが実務においては不可能です。

そこで、割りきって「12月31日の現況による。」としているのです。
理屈ではないのです。

ですから、12月31日に子供が生まれて扶養家族が一人増えた場合、たった一日でも一年分の38万円の控除を受けられるのです。
同様に、12月31日に結婚して相手の人が配偶者控除の要件を満たしていれば、たった一日でも一年分の控除を受けられるのです。

このように考えられて、「扶養親族等の判定の時期」は規定されています。

税の考え方は難しいようですが、このように税実務を考えて合理的に考えられてもいるのです。

本当によくできていると思いませんか。

(お願い)
励みになりますので、私が書いていますリンク集「税理士森大志のひとりごと
及び「時代の流れを読む」も併せて読んでいただけると幸いです。
クリックすると、そのページに行きます。
また、同様に「人気ブログランキング」(←ここです。)をクリックしていただけると幸いです。人気ブログランキングのページへ行きますと当ブログにポイントが付きます。
posted by 森 大志 at 16:20| Comment(19) | 所得税(個人の税金)
国税不服審判所公表裁決事例はこちら