このブログは、税理士森大志(もりたいし)が書いています。  リンク集も、森大志が書いています。 是非ご覧ください。 税理士森大志へのご相談は、森大志税理士事務所までお願いいたします。 お気軽に相談してください。 無料相談あり!! 相談メールはsoudan@morikeieizeimu-c.net

2007年10月18日

血も涙もある宥恕規定

税には宥恕規定(ゆうじょきてい)といわれている規定があります。

これは、税法上の特例を受ける条件にある添付書類等がない場合、届出書の提出がない場合等において、税務署長がやむを得ない事情があると認めるときは、後日提出してもその規定の適用を認めるという規定です。

すべての規定に宥恕規定があるわけではありませんが、提出を忘れた場合でもあきらめずに、必ずご相談することをお勧めします。

よく、税務署は厳しいと言われますが、決して厳しいだけではなく、このような規定があるのです。

やむを得ない事情の例として
1.災害
震災、風水害、雪害、凍害、落雷、雪崩、がけ崩れ、地滑り、火山の噴火等の天災又は火災その他の人為的災害で自己の責任によらないものに起因する災害

2.災害に準ずるような状況又は当該事業者の責めに帰することができない状況にある事態

がありますが、実際の適用は税務署長の判断によりますので、必ず所轄税務署にご確認ください。

税には血も涙もある「宥恕規定」があるのです。

(お願い)
励みになりますので、私が書いていますリンク集「税理士森大志のひとりごと
及び「時代の流れを読む」も併せて読んでいただけると幸いです。
クリックすると、そのページに行きます。
また、同様に「人気ブログランキング」(←ここです。)をクリックしていただけると幸いです。人気ブログランキングのページへ行きますと当ブログにポイントが付きます。
posted by 森 大志 at 20:30| Comment(7) | 税一般
国税不服審判所公表裁決事例はこちら